2020年11月11日

083:印刷 「紙にインクをのせる程度の能力」

こんにちは、印刷の083です。

ここ一週間ほど月が替わってめっきり冷え込んで来ましたね。
個人的に昔から急に気温が変わると体調を崩しやすい性質なので、
最近はことさら暖かくして寝るようにしています。

ところが今度は逆に朝、布団から出られないという現象が……。

なんで冬の朝の布団ってあんなに離れがたいんでしょうね。
もちろん遅刻しないくらいの時間には這い出てきますが。



さてこう冷えてくると、仕事でも変わってくることがあります。

特に印刷に使うインキの固さなんかは顕著です。
夏の設定とかやり方では、(特に朝一番は)うまく刷れません。

毎日の作業データを先月の分と見比べてみると、

「えっ、こんなに変わるの?」

って感じるくらい立ち上がりの数字が違うんですよね。
高々数度気温が下がっただけで。


もちろん冷え対策として工場内ではすでに暖房が入っており、
乾燥対策に加湿器もガンガンかかっています。

ので作業場は外に比べてとても暖かいのですが……


作業で身体を動かしてると、地味に暑い!!


のであります。これが。orz

適正な印刷のためなので、仕方ない事なのではありますが、
もうちょっとこう……手心というか……(真上の空調をにらむ



えっ?暖かい方が体調崩さなくていいだろうって?
……おあとがよろしいようで。
posted by ねこのしっぽ工場スタッフ at 17:16| 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする